金融用語のクオンツ

金融のクオンツとはなにか

金融とクオンツの関係とは

金融の用語でクオンツというものがあります。これは、数理モデルや数学的手法などを使用して市場を分析したり、商品や投資に対する戦略を考案したり開発をすること、もしくはその専門家のことを指します。アメリカの科学者が1980年頃に、量子力学などからのアプローチを金融工学に取り入れたのが始まりとされています。また、人間の判断などではなく、数学的に分析、判断して運用していくことをクオンツ運用と言います。これは例えば、10〜20ほどの項目を株価の変動要素として設定し、その変動幅によって、過去の株価の変動やその貢献度などを多変量解析を利用して求めていく方法です。

金などの相場情報を毎日更新しています。
業界初の運送中のリスクを保障する保険も手配してくれます。費用もかかりません。資産運用には安心信頼の業者から。

クオンツによる分析とは

クオンツとは高度な数学的アプローチによって、市場を分析したり、新しい金融商品を開発したりする事です。クオンツは過去のデータから市場の分析を行いますが、社会情勢などの急激な変化には対応出来ないというデメリットがあります。しかし、ある程度の市場分析には有効な手段なので、株式予測や金融工学を駆使した商品を開発して販売することで、資産運用に利用することが可能です。分析を行う専門家がおり、このような専門家になるには、大学などで高度な数学を学んで証券会社や経済研究を行っている企業などに就職するのが一般的です。

金融の分析関連の情報