金融で大切なこと

金融のコンプライアンス

金融機関とコンプライアンス

金融機関では、預金や融資、国債、公債、社債、様々な商品をあつかっています。そのどれについても必ず関わってくるのが、コンプライアンス、と呼ばれるものです。このコンプライアンスというのは法に定められた規則のことで、これを必ず守り、金融機関と客側との間で交わす契約を正確かつ正当に守らなくてはいけません。例えば、絶対損をすることはありませんと言う説明や、必ず得になりますと言う説明、重要な説明事項を受けなかった事など、これらのような場合は、違反行為になります。このような違反行為が起こらないように、また起こさせないようにするためにも重要な事であります。

コンプライアンスは絶対に、必要

金融業界とは、言うまでもなくお金を扱う業界のことです。そしてお金とは、その扱いには細心の注意を払うべきものの代表格のような存在です。それゆえこういった関連の機関とは、社会の中でも特にコンプライアンスが強く求められる機関だという結論になります。しかし残念なことに最近の日本の金融においては、大手都市銀行が系列信販会社を通して反社会的勢力と何度も取引を行った実態が明るみに出て、世の中に大きな衝撃を与えました。法令遵守というものは、個人においても企業においても、まずはお金から始めるべきです。まず第一にお金の扱いを正せば、他の面も正しやすくなります。逆にお金をいい加減に扱うと、あらゆる面において駄目になりやすいものです。

金融の分析関連の情報