ギモン解決!よくわかる廃車の費用

自動車を廃車にするために必要となる費用について

トップ > 車の廃車の費用について > 自動車を廃車にするために必要となる費用について

自動車を廃車にするために必要となる費用について

新車や中古車への乗り換えや、事故にあってしまい動かなくなったなど様々な理由から、廃車にしなくてはならないこともあるのではないでしょうか。
しかし長い人生の間でも、滅多にあることではないのでいざ廃車となれば、何から手をつければ良いかわからず悩んでしまいがちです。
ただ捨てれば良いという単純なものではなく、手続きをしたり費用が発生したりすることは頭においておきましょう。
廃車にするために必要となる費用としては、解体や永久抹消登録といった解体費用、そして動かない自動車の場合には、レッカー代などの運搬費用、そしてリサイクル料金といったように、様々出費があります。
もちろん車種による違いや、業者に依頼するのか自ら全てを行うのかによる違いもあるので、よく考えて実行に移さなくてはなりません。


永久抹消登録費用は業者や行政書士などに頼むと費用が発生しますが、すべて自分で行う場合には無料で済ませることができます。
永久抹消登録所有する車が普通自動車の場合に行うものす。
ナンバープレートや車検証、印鑑証明書や移動報告番号、解体報告記録がされた日のメモなどが必須となります。
解体してから十五日間以内に行わなくてはならないので、事前にある程度準備はしておくべきではないでしょうか。
永久抹消登録も解体返納も自ら行うとなれば、費用はかからないのでお得に済ませることができますが、手間はかかることは確かです。
自ら行う手間も省いて、よりお得に廃車したいという場合には、廃車買取業者に依頼してみるようにしましょう。
動かないような自動車でも、買い取ってもらうことができるケースが多いです。


廃車買取業者に依頼することによって、金銭面の負担を抑えることができたり、面倒な手続きの手間が省けるというメリットがあることは確かです。
しかし一口に廃車買取業者といっても数多く存在しており、どこに依頼するのかにより差が生まれることも多いので気をつけましょう。
車を処分することで、予期せぬ臨時収入になることもあれば、思っていた以上の出費になってしまうこともあります。
廃車買取業者に依頼する際には、複数に相談してみて本当に無料なのかや、値段を受けてもらうことができるのかをチェックするようにしましょう。
自ら廃車したほうが安くなると考えてしまいがちですが、実際には業者に依頼したほうがお得ということは珍しくありません。
廃車時には還付金があるのかも確かめておくようにしましょう。

次の記事へ

カテゴリー